ウィルスバスターによるメモリの圧迫

PCの動作が非常に重くなるという現象に悩まされました。
いろいろ調べると、タスクマネージャー何かがメモリを使い切ってることがわかりました。
更に、よく見ると「Trend Micro Anti-Malware Solution Platform」がメモリを圧迫しています。
ウィルスバスタークラウドが悪さをしていることになります。
トレンドマイクロのヘルプセンターによると、一旦止めて調べてみるとあります。
確かに、一旦止めると、メモリを食いつぶさなくなりました。
そこで、不穏な動きのウィルスバスタは一度アンインストールして、インストールし直してみました。
それでだめならTrendmicroのお世話になろうと・・・。
結果はうまくいきました。
ウィルスバスターの更新に失敗していたのか古いバージョンが少し残っていたのかもしれません。
いずれにしてもうまく行ったので、結果オーライです。

CPU

コンピュータの5大装置というものがあります。
1.演算装置
2.制御装置
3.記憶装置
4.入力装置
5.出力装置

と言われています。
この概念は半世紀以上も昔のものですが、コンピュータの基本構造が変わっていないので、今でも通用します。

演算装置は CPU ですね。
制御装置は、これもCPUです。もっぱら、次に動くべき装置をコントロールしています。
記憶装置は、わかりやすいですね。メモリとストレージです。
入力装置は、キーボードやマウス
出力装置は、ディスプレイやプリンタですね。

が、では、タッチパネルは何?入力装置でもあり出力装置でもある。
複合機は? スキャナを内蔵していたリ、メモリカード刺したりできる。
基本を抑えつつ、各機種を見ないと、PCや周辺機器を買うときに、余計な機能のものに惑わされる結果となります。

そんな中で、今日は心臓部のCPUの話をしましょう。今Intelでは11世代のCPUを売り出しています。
よく中古PCの広告で「CPU Intel Core i7 だから爆速」などと書いてあるものもありますが、若い世代のものはあまり早くないので、十分に注意してください。

また、CPUは以外に簡単に交換できます。ここで問題になってくるのはソケットの仕様です。
iCore でも初期の頃とはソケットの仕様が違いますから十分注意してください。
Intelの場合、ソケットはCPUを刺す土台部分の形状のことですから、もし。CPUの交換を考えてるのなら、十分にご注意を。
そして、次はグラフィックスを内蔵しているかどうかの判断をします。
別途グラフィックボードを持っているならこのグラフィックス機能は不要です。i5の場合10.000くらいは金額が違いますから、注意が必要です。
i5の場合で見てみましょう。
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/products/details/processors/core/i5/products.html
プロセッサー・グラフィックスという欄が空欄のものがあります。これは、別途グラフィックボードを必要とします。
マザーボードにディスプレイコネクターが付いていても、使えません。
グラフィックボードもピンきりですので、「全部自前で考えたい」という人には選択肢を広げていることになるのです。

更に、標準でついてくるCPUクラーですと、あまり冷えないこともあります。
使い方にもよりますが、ハードなゲームを長時間やるような場合は標準クーラーでは足りないこともあります。ま、普通にネット見てExcel Wordを使う程度なら問題はありません。
あとは、省スペース型とかスリムとか呼ばれるタイプのケースの場合、標準クーラーだと収まらない場合もあります。

IntelとAMDでは違いがあるとか、ソケットとかチップセットとかいろいろありますが、次の機会に・・。

Posted in

年に一回更新から脱却しよう!

とても久しぶりにblog を書いています。
このところずーとSNSにかまけて技術的な投稿はしてきませんでした。
今は、某所でPC周りの管理運営をしてます。
おかげさまで、新しい知識の補充には丁度いいかもしれません。

マイコンに触ったのはもう半世紀弱前かな。
そして知人にApple2を触らせてもらって、その面白さに驚愕。
そして働くようになってボーナスをはたいて買った SHARP MZ-2000 。なつかしいなあ。
と余韻に浸っている理由の一つに初めてかいた blogがまだ残っていたのを発見したから・・・。
あの当時は、ほ〜むぺ〜じなるものを、texteditor でhtmlをゴリゴリ書いてた。今でこそ文字コードの問題は、ほぼ解決して linux mac ms 間で、文字コードを気にしなくても、エディタやメーラーが自動判定してくれる。あのころねぇ・・・
という頃に、なんと、海の向こうの亜米利加では、blog なるサーバーサイドのプログラムがあって、どんどん投稿できて、コメントも付けられるという。日本ではようやくHPの中に perl のcgi おいて日記を書いていたので精一杯。
新しもの好きのヲタクさんたちは、垂涎の思いで、亜米利加進出するか?!。いや、日本語コードという大問題がある。などなどと、やっていたときにlivedoor が blog system を無料公開。
そりゃ飛びつきますよ。

と、いうころの blog が残ってたんですね。
なんか、小学生の時に埋めた宝箱が出てきたような感じです。

さぁ、また。blog 書こうかな。

GeForce GTX 1650OC のドライバのインストール

私の使っていたWindows10Proは、Windows7Proからの無償アップグレードでした。
長年使用してきて、HDをSSDに換装したりいろいろと手を入れているうちに、いよいよほころびが見えてきました。
ここはクリーンインストールをしたいということで、現在のプロダクトキーを調べるツール PK-Finder というフリーウェアを使用し、プロダクトキーを得ました。
これでWindows7Pro をインストールして10にアップグレードするという手間を減らせてきれいにWindows10Proをゼロからインストールできます。

Windows10Proのインストールは問題なく行えたのですが、グラフィックカードGeForceGTX1650OCのDriverがインストールできませんでした。NVIDIAのサイトから最新のDriverをDLしても、「インストーラーを続行できません」というメッセージが出て中断します。どうやらWindowsのバージョンがあっていないという内容のようです。しかし、何回確かめてもあっています。
ネットで調べると、WindowsUpdateがされていないのではないかというところまでわかりました。が、しかし、Windows そのものをインストールした際には、更新プログラムのチェックがされているはずです。と、思いながらも設定のWindowsUpdateを開き、実際にやってみると 0x80240fff というエラーコードで止まっています。
仕方がないので、詳細オプションの「更新履歴を表示する」から更新プログラムをすべてアンインストールし、再度WindowsUpdateを試みましたが同じエラーコードで止まります。

この時点で、問題点は、1)GeForceGTX1650OCのDriverがインストールできない、2)WindowsUpdateができない、という2つコトが同時に起こっていることになります。

まずは、WindowsUpdateを完了させてWindowsそのものを最新にする必要があります。
残る手段は手動のUpdateです。
microsoftの公式ページ https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10 にいき、「今すぐアップデート」ををクリックします。WindowsUpdaterがダウンロードされ、更新プログラムをダウンロード・インストールされます(途中再起動あり)。
その後、設定のWindowsUpdateがうまくいくかどうか確認します。このとき、さらに更新プログラムがあれば更新されます。エラーが起きないことを確認しておきます。

これでやっと最新のWindowsになりましたので、最新のビデオドライバーをインストールできます。がしかし、この時点での最新Driver 445.75 を入れようとすると問題は解消されていませんでした。
やむなく、1650が発売された当時のDriver 430.39 を試してみると、無事にインストールされました。

調査に丸一日かかってしまいましたが、無事に表示され、Windows もきれいにUpdate されています。

mac でHulu が再生できない

まさしく標記のままですが、もしできている人が居たらコメントしてくださると助かります。
私の環境は Mac Mini。ディスプレイはBenQ E2200HDです(HDMI接続)。
OSはMacOS X Mojava。

この環境でディフォルトのブラウザをGoogleChromeにしました。TverもYoutubeも無事に再生できたので、HDCPの問題もなさそうです。ただHuluだけが再生できない。
Farefoxでもダメでした。

ダメもとでSafariで再生してみるとこれが再生できました。
しかし理由が分かりません。この理由がわからないというのは気持ちが悪いですね。
しばらく調査を続けます。

Posted in

MacにGIMPをインストールする

実はMacを購入し色々と試しています。
そんな中でGIMPのインストールにちょっとつまづいたのを備忘録として投稿。

以下の場所からGIMPをダウンロードします。
https://www.gimp.org/downloads/
gimp-2.10.10-x86_64.dmgがダウンドーロされるのでダブルクリック。
ファイルの展開がされてインストール開始。
元々がGIMPも独特なのだけど、そこに持って来てMacはいまいちよくわからない。どこにインストールされたのかなどよくわかりません。

ま、それは置いておいて、インストールされたら、ドックのFinderの中のアプリケーションを開いておきます。インストールしたGIMPのアイコンをFinderアプリケーションにドラッグしておきます。

これでインストールは完了です。

とはいえ、このままでは仮想ドライブがマウントされたままです。
Finder の「情報をみる」でみると場所はHD上としかわかりません。

ターミナルを開いて、find gimp *.* / |grep gimp で検索すると主だったはファイル/Volumes/GIMP 2.10 Install/GIMP-2.10.app/にあることがわかります。いいと言えばいいのだけど気持ちが悪いので、もうすこし、なんとかしてみたいと思っています。

今日はここまで。

SSDの高速化

東芝が高速なSSDを発表しましたね。
従来品より読み込み速度は10倍早いとのことです。
これはDRAMとほぼ同じとのことです。
技術の東芝の本領発揮というところでしょうか。
これを機に復活して欲しいですね。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1200615.html

PCの高速化のなかで意外と見落とされがちなのがメモリの高速化です。
ただ単に積めば良いというものではありません。
16GBを1枚積むより、8GBを2枚積んだ方が早くなります。
細かい話は省略しますが。メモリアクセスも番地を指定、読込、また番地を指定という過程を経ます。
2枚あれば片方で読んでいる間にもう片方は番地を指定できるわけです。

少し話が東芝から外れましたが、ズレついでに言うと、これまではハードディスクの高速化技術に目が行きがちでした。と言うのもハードディスクはPCの中でも桁違いに遅いデバイスだからです。
ここが早くなければ、全体の足を引っ張っていた。
それがSSDの出現で、OS・プログラムはSSDへ、データはハードディスクへと言う流れでした。が大容量SSDが安価になり、今ではハードディスクレスの時代も目の前です、

Posted in

ハードディスクからSSDへの移行

SSDも安価になり、ハードディスクから移行しようとしている人も多いのではないでしょうか?
しかしSSDが安価になったとはいえ、1TB以上のものはかなり高額です。
256GBまたは512GB程度のものを選択したいところです。
そもそもSSDの使用目的はOSそのものの起動やアプリの起動の高速化が目的でしょう。
もちろん私もそうです。
そこで、Bootドライブ1TBからSanDiskの480GBに移行した時の手順を紹介したいと思います。
前提となるのは、ハードディスクが2台以上あるということです。
ハードディスクが1台のみで、使用している容量がSSDの容量よりも十分に小さい場合は手順1)はスキップしてください。
手順としては
1)データファイルはハードディスクに移行する。
2)OSやProgram Filesなどがあるハードディスクの使用量を極力少なくする。
3)ハードディスクからSSDにドライブのコピーを行う。
4)パーテーションを調整する。
という手順になります。

1)まず、データの移行ですが、ドキュメント、ミュージック、ピクチャ、ビデオのそれぞれのプロパティを開きます(エクスプローラから右クリック→プロパティ)。
「場所」タブを選択し、もう一つのハードディスクを指定します。
すると既存ファイルが移動されます。

2)余分なファイル(ゴミ箱など)は削除します。コピー元となるハードディスクの使用量をSSDの容量より小さくします。
当然ですが、SSDより大きい場合はコピーできません。また、フォーマット後はSSDの表示されている容量よりも10%ほど小さくなりますので十分余裕を持ってください。

3)ここからがフリーウェアの出番となります。
ドライブコピーには色々なソフトがありますが、私は「MiniTool Drive Copy」を使用しました。
http://www.softpedia.com/get/System/Hard-Disk-Utils/MiniTool-Drive-Copy.shtml
ツールをインストールし、起動してから、「Disk to Disk」を選択します。コピー先のディスク、もとのディスを選択し、MINIMAMでコピーします。
コピーが完了するとパーテーションは「システムで予約」「OSの入っていうパーテーション」「回復パーテーション」「空き領域」になっています。

4)この空き領域をOSのあるパーテーションに繋ぎたいのですが、「コンピュータの管理-ディスクの管理」からパーテーションの拡張はできません。
そこで別のツールを使用します。「AOMEI Partition Assistant Standard」(フリーソフト)を使用します。
https://www.disk-partition.com/jp/download-home.html
今回操作したいSSDを選択して左上のペインの「パーテーションの拡張」をクリックすると、ウィザードが始まりますので、それに従います。
処理自体はSSDですので、すぐに終わります。

これでハードディスクからSSDへの移行は終了です。