ハードディスクからSSDへの移行

SSDも安価になり、ハードディスクから移行しようとしている人も多いのではないでしょうか?
しかしSSDが安価になったとはいえ、1TB以上のものはかなり高額です。
256GBまたは512GB程度のものを選択したいところです。
そもそもSSDの使用目的はOSそのものの起動やアプリの起動の高速化が目的でしょう。
もちろん私もそうです。
そこで、Bootドライブ1TBからSanDiskの480GBに移行した時の手順を紹介したいと思います。
前提となるのは、ハードディスクが2台以上あるということです。
ハードディスクが1台のみで、使用している容量がSSDの容量よりも十分に小さい場合は手順1)はスキップしてください。
手順としては
1)データファイルはハードディスクに移行する。
2)OSやProgram Filesなどがあるハードディスクの使用量を極力少なくする。
3)ハードディスクからSSDにドライブのコピーを行う。
4)パーテーションを調整する。
という手順になります。

1)まず、データの移行ですが、ドキュメント、ミュージック、ピクチャ、ビデオのそれぞれのプロパティを開きます(エクスプローラから右クリック→プロパティ)。
「場所」タブを選択し、もう一つのハードディスクを指定します。
すると既存ファイルが移動されます。

2)余分なファイル(ゴミ箱など)は削除します。コピー元となるハードディスクの使用量をSSDの容量より小さくします。
当然ですが、SSDより大きい場合はコピーできません。また、フォーマット後はSSDの表示されている容量よりも10%ほど小さくなりますので十分余裕を持ってください。

3)ここからがフリーウェアの出番となります。
ドライブコピーには色々なソフトがありますが、私は「MiniTool Drive Copy」を使用しました。
http://www.softpedia.com/get/System/Hard-Disk-Utils/MiniTool-Drive-Copy.shtml
ツールをインストールし、起動してから、「Disk to Disk」を選択します。コピー先のディスク、もとのディスを選択し、MINIMAMでコピーします。
コピーが完了するとパーテーションは「システムで予約」「OSの入っていうパーテーション」「回復パーテーション」「空き領域」になっています。

4)この空き領域をOSのあるパーテーションに繋ぎたいのですが、「コンピュータの管理-ディスクの管理」からパーテーションの拡張はできません。
そこで別のツールを使用します。「AOMEI Partition Assistant Standard」(フリーソフト)を使用します。
https://www.disk-partition.com/jp/download-home.html
今回操作したいSSDを選択して左上のペインの「パーテーションの拡張」をクリックすると、ウィザードが始まりますので、それに従います。
処理自体はSSDですので、すぐに終わります。

これでハードディスクからSSDへの移行は終了です。

Wifi WPA2の脆弱性が発見されました

Wifiの暗号化には以下のものがあります

WEP:無線 LAN 用に最初に登場した、暗号化技術です。
TKIP:WEP の弱点を修正したのが「TKIP」です。
AES:WEP・TKIP で使われてきた暗号化の方法を見直し、TKIP と同じ鍵データの生成方法を採用したのが「AES」です。
WPA2:AES未対応の場合

今の主流はWPA2でもっとも使用されている暗号化技術といえます。
がしかし、そのWPA2に脆弱性が発見されました。これによって通信内容が外部に漏れるおそれがあきらかになりました。例えがそれはIDやパスワード、認証用画像などセキュリティに必要な項目も含まれます。

対策としては、メーカー側が修正パッチを提供するのでそれを待って、確実にパッチを当てることが必要になります。

Windows10 InternetExplore でのsaPlugin.dllを開始中にエラー

InternetExplorerを使用中に「saPlugin.dllを開始中にエラー」が発生することがあります。
これは、McAfeeのWebAdvisorのエラーです。

WebAdvisorをアンインストールすることで回避できますが、これではせっかくの機能が使えないということになります。

そこで、ここから改めてインストールすることで機能を追加できます。

Station TV X 停止する

Windows10 でStationTV Xを使用しています。

グラフィックドライバ(AMD HD6870)を更新したら、落ちるようになりました。ドライバを元に戻してみたりいろいろと試みましたがうまくいきません。
やむなく落ちた時に「デバッグ」を選択。デバッガとしてVisual Studioが起動するので落ちた場所が特定できます。すると「ltc_game32-116096.dll」で書き込みの例外が起きていることがわかりました。問題なのはソースが無いので実際のデバッグができないのです。

「ltc_game32-116096.dll」でネットで検索すると、同じ現象の方が記事を投稿してました。解決方法はltc_game32-116096.dllをltc_game32-116096.dll.bakにリネームして読まないようにするというもので、うまく行っているとのことです。
とりあえず真似をすると落ちないようになりましたが、必要なDLLが存在しないということは何らかの問題があるでしょうね。私が使わない機能であることを祈るのみです。

ブルースクリーンに困ったらこれ!

Windows そのものが突然落ちるってよくありますよね。
原因が特定できればよいのですが、たいていの場合は何が理由かわかりません。

そんな時に役立つソフトがあります。
BlueScreenView です。どこで落ちたか、何がきっかけになったかがわかります。

一見の価値があると思います。

Evernoteベーシックが最大2台までにプランを変更

Evernoteを使っている人は多いと思います。私もユーザーの一人です。
しかしこの度、価格プランの変更に伴い、ベーシック(無料)プランのユーザーは同時使用は2端末に制限されることになりました。

詳しくはこちらをご覧ください。

<ウィンドウズ10>「読み上げソフト」でトラブル相次ぐ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00000002-mai-soci

Winodws10への自動アップグレードで視覚障害者の方が「読み上げソフトが動かなくなった」とのトラブルが相次いでいます。
今やPCは障害者にとっても重要なツールとなっています。

問い合わせは 0120・542244 まで。

ランサムウェア感染被害が増えています。

マルウェアの一種ですが、主にパソコン内のファイルを暗号化し、ユーザーが使用できなくします。同時に「身代金を支払えば元に戻す」というメッセージが表示される場合が多いようです。そして実際に支払うと暗号化は解除されることが多いようです。
これは、あくまで金銭が目的で破壊が目的ではないからです。単純なウィルスよりたちが悪いといえます。

対応策としては、あたりまえのことですが、出所不明の添付ファイルは開かない、危なそうなサイトには近づかない(マカファーだと危険なサイトにアクセスしようとすると警告が出ます)、システム・データともにバックアップを取っておく、という極めて基本的な事になります。

https://www.ipa.go.jp/security/txt/2016/01outline.html

マイナンバーの入っているPCの修理は引き受けないメーカーがあります

Gigazineによりますと、マイナンバーがデータとして入っているPCの修理を引き受けないメーカーが出ているとのことです。
http://gigazine.net/news/20160524-my-number-data-pc-attention/
記事では富士通とエプソンダイレクトが例としてあげられておりますが、他社も追随する可能性があります。

では、マイナンバーをどのように管理すべきかが問題になってきます。
自社で大規模に管理しているような場合(社内システムにマイナンバーが組み込まれているような場合)は、一概には言えないので、情シスに考えてもらいましょう。

問題は小規模な事業者です。一般的には、マイナンバーを取り扱う場合は「施錠できる部屋で、限られたPCを使うこと」とされているようです。管理の仕方は市販ソフトかExcelでしょう。この場合、バックアップを必ず「外部メディアにとる」ということが重要です。
例えば、暗号化できるUSBメモリとかです。
万一、PCが故障しても、データを削除し、修理に出すことができます。仮にデータ削除もできない状態になっているとしたら、そもそも、マイナンバーが入っているかどうかわかりません。
Excelで管理しているのであれば、読み込みパスワードを掛けて、暗号化可能なUSBメモリーにデータを保存し、同様のものを2本以上作っておくことが大事でしょう(異なるパスワードを設定します)。

いずれにしても、面倒なことですね。

 

Posted in