Wifi WPA2の脆弱性が発見されました

Wifiの暗号化には以下のものがあります

WEP:無線 LAN 用に最初に登場した、暗号化技術です。
TKIP:WEP の弱点を修正したのが「TKIP」です。
AES:WEP・TKIP で使われてきた暗号化の方法を見直し、TKIP と同じ鍵データの生成方法を採用したのが「AES」です。
WPA2:AES未対応の場合

今の主流はWPA2でもっとも使用されている暗号化技術といえます。
がしかし、そのWPA2に脆弱性が発見されました。これによって通信内容が外部に漏れるおそれがあきらかになりました。例えがそれはIDやパスワード、認証用画像などセキュリティに必要な項目も含まれます。

対策としては、メーカー側が修正パッチを提供するのでそれを待って、確実にパッチを当てることが必要になります。