SSDの高速化

東芝が高速なSSDを発表しましたね。
従来品より読み込み速度は10倍早いとのことです。
これはDRAMとほぼ同じとのことです。
技術の東芝の本領発揮というところでしょうか。
これを機に復活して欲しいですね。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1200615.html

PCの高速化のなかで意外と見落とされがちなのがメモリの高速化です。
ただ単に積めば良いというものではありません。
16GBを1枚積むより、8GBを2枚積んだ方が早くなります。
細かい話は省略しますが。メモリアクセスも番地を指定、読込、また番地を指定という過程を経ます。
2枚あれば片方で読んでいる間にもう片方は番地を指定できるわけです。

少し話が東芝から外れましたが、ズレついでに言うと、これまではハードディスクの高速化技術に目が行きがちでした。と言うのもハードディスクはPCの中でも桁違いに遅いデバイスだからです。
ここが早くなければ、全体の足を引っ張っていた。
それがSSDの出現で、OS・プログラムはSSDへ、データはハードディスクへと言う流れでした。が大容量SSDが安価になり、今ではハードディスクレスの時代も目の前です、

Posted in

ハードディスクからSSDへの移行

SSDも安価になり、ハードディスクから移行しようとしている人も多いのではないでしょうか?
しかしSSDが安価になったとはいえ、1TB以上のものはかなり高額です。
256GBまたは512GB程度のものを選択したいところです。
そもそもSSDの使用目的はOSそのものの起動やアプリの起動の高速化が目的でしょう。
もちろん私もそうです。
そこで、Bootドライブ1TBからSanDiskの480GBに移行した時の手順を紹介したいと思います。
前提となるのは、ハードディスクが2台以上あるということです。
ハードディスクが1台のみで、使用している容量がSSDの容量よりも十分に小さい場合は手順1)はスキップしてください。
手順としては
1)データファイルはハードディスクに移行する。
2)OSやProgram Filesなどがあるハードディスクの使用量を極力少なくする。
3)ハードディスクからSSDにドライブのコピーを行う。
4)パーテーションを調整する。
という手順になります。

1)まず、データの移行ですが、ドキュメント、ミュージック、ピクチャ、ビデオのそれぞれのプロパティを開きます(エクスプローラから右クリック→プロパティ)。
「場所」タブを選択し、もう一つのハードディスクを指定します。
すると既存ファイルが移動されます。

2)余分なファイル(ゴミ箱など)は削除します。コピー元となるハードディスクの使用量をSSDの容量より小さくします。
当然ですが、SSDより大きい場合はコピーできません。また、フォーマット後はSSDの表示されている容量よりも10%ほど小さくなりますので十分余裕を持ってください。

3)ここからがフリーウェアの出番となります。
ドライブコピーには色々なソフトがありますが、私は「MiniTool Drive Copy」を使用しました。
http://www.softpedia.com/get/System/Hard-Disk-Utils/MiniTool-Drive-Copy.shtml
ツールをインストールし、起動してから、「Disk to Disk」を選択します。コピー先のディスク、もとのディスを選択し、MINIMAMでコピーします。
コピーが完了するとパーテーションは「システムで予約」「OSの入っていうパーテーション」「回復パーテーション」「空き領域」になっています。

4)この空き領域をOSのあるパーテーションに繋ぎたいのですが、「コンピュータの管理-ディスクの管理」からパーテーションの拡張はできません。
そこで別のツールを使用します。「AOMEI Partition Assistant Standard」(フリーソフト)を使用します。
https://www.disk-partition.com/jp/download-home.html
今回操作したいSSDを選択して左上のペインの「パーテーションの拡張」をクリックすると、ウィザードが始まりますので、それに従います。
処理自体はSSDですので、すぐに終わります。

これでハードディスクからSSDへの移行は終了です。

Station TV X 停止する

Windows10 でStationTV Xを使用しています。

グラフィックドライバ(AMD HD6870)を更新したら、落ちるようになりました。ドライバを元に戻してみたりいろいろと試みましたがうまくいきません。
やむなく落ちた時に「デバッグ」を選択。デバッガとしてVisual Studioが起動するので落ちた場所が特定できます。すると「ltc_game32-116096.dll」で書き込みの例外が起きていることがわかりました。問題なのはソースが無いので実際のデバッグができないのです。

「ltc_game32-116096.dll」でネットで検索すると、同じ現象の方が記事を投稿してました。解決方法はltc_game32-116096.dllをltc_game32-116096.dll.bakにリネームして読まないようにするというもので、うまく行っているとのことです。
とりあえず真似をすると落ちないようになりましたが、必要なDLLが存在しないということは何らかの問題があるでしょうね。私が使わない機能であることを祈るのみです。

マイナンバーの入っているPCの修理は引き受けないメーカーがあります

Gigazineによりますと、マイナンバーがデータとして入っているPCの修理を引き受けないメーカーが出ているとのことです。
http://gigazine.net/news/20160524-my-number-data-pc-attention/
記事では富士通とエプソンダイレクトが例としてあげられておりますが、他社も追随する可能性があります。

では、マイナンバーをどのように管理すべきかが問題になってきます。
自社で大規模に管理しているような場合(社内システムにマイナンバーが組み込まれているような場合)は、一概には言えないので、情シスに考えてもらいましょう。

問題は小規模な事業者です。一般的には、マイナンバーを取り扱う場合は「施錠できる部屋で、限られたPCを使うこと」とされているようです。管理の仕方は市販ソフトかExcelでしょう。この場合、バックアップを必ず「外部メディアにとる」ということが重要です。
例えば、暗号化できるUSBメモリとかです。
万一、PCが故障しても、データを削除し、修理に出すことができます。仮にデータ削除もできない状態になっているとしたら、そもそも、マイナンバーが入っているかどうかわかりません。
Excelで管理しているのであれば、読み込みパスワードを掛けて、暗号化可能なUSBメモリーにデータを保存し、同様のものを2本以上作っておくことが大事でしょう(異なるパスワードを設定します)。

いずれにしても、面倒なことですね。

 

Posted in